鉄・非鉄金属 | 2018年11月05日 17:44 JST

〔インサイト〕LME銅、反落=米中貿易合意への疑念浮上で(5日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間5日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は反落している。米中の貿易協議での合意が早期には実現しない可能性が懸念された。一方、上海先物取引所の銅相場は、中国の習近平国家主席の貿易面での発言を材料に上昇した。  2日の産業用金属相場は、米中が貿易面で合意するとの期待から上昇した。しかし、トランプ政権に経済面で助言を行うクドロー米国家経済会議(NEC)委員長の発言で、合意の可能性をめぐり不透明感が生じた。  オーストラリア・ニュージーランド銀行は「トランプ氏の経済顧問であるクドローNEC委員長が、貿易合意が近い状況ではないと発言した後で、疑念が幾分残っている」と説明した。クドロー氏は2日米CNBCに対し、中国との貿易合意について以前ほど楽観的ではないと述べた。  LMEの銅3カ月物相場は0722GMT(日本時間午後4時22分)時点で、0.37%安の1トン=6260.00ドル。2日には10月22日以来の高値となる6315ドルまで上昇した。  上海先物取引所の銅先物中心限月は1%安の1トン=4万9870元で引けた。  習近平国家主席は5日、上海で開幕した初の「中国国際輸入博覧会」で、輸入関税を引き下げるとともに、市場開放の取り組みを続ける意向を示した。  アルゴノート証券のアナリスト、ヘレン・ラウ氏は、世界最大の銅輸入国、中国のこのような公約は需要増につながるとみなされ、相場を下支えしていると述べた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.27
NYMEX金先物 12月限 1210.1 -0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +2.2
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0112
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0
シカゴ大豆 ・・・ 870.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0