鉄・非鉄金属 | 2018年11月06日 20:58 JST

〔ロンドン金属〕銅、続落=米中間選挙やFOMC待ち(6日午前)

 欧州時間6日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は続落。市場は米中間選挙の結果と、米連邦公開市場委員会(FOMC)を待っている。  LMEの銅3カ月物は1039GMT(日本時間午後7時39分)時点で、0.4%安の1トン=6169ドル。  キャピタル・エコノミクスのアナリスト、ロス・ストラチャン氏は「市場はこの日投開票が行われる米中間選挙や、今週のFOMCの結果を待っている。われわれは今月の利上げ決定は予想していないが、12月の利上げに関する手掛かりを得られる可能性がある」と説明。「われわれは短期の金属相場については弱気の見方だ。なぜなら、中国の経済成長は大幅に減速しており、政府の景気刺激策が影響を及ぼすにはしばらく時間がかかる。今後数カ月の間に中国が一段の金融緩和策を行うと予想する」と述べた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.2
NYMEX金先物 2月限 1283.4 +0
NYMEXプラチナ先物 4月限 791.2 +1
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.0038
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 +0
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 103.35 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0