鉄・非鉄金属 | 2018年11月08日 20:59 JST

〔ロンドン金属〕銅、下落=ドル高や中国の輸入減少を嫌気(8日午前)

 8日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。米中間選挙を受けてドルが上昇したことが重しとなったほか、中国の10月の銅輸入量が減少したことが嫌気された。  LMEの銅3カ月物は1117GMT(日本時間午後8時17分)時点で、0.9%安の1トン=6098ドル。  依然として、アナリストらは銅相場の見通しについてはあまり悲観的ではない。  ドルは、米中間選挙を受けて市場に安心感が広がる中を上昇した。投資家の関心は米連邦公開市場委員会(FOMC)に移った。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.07 +1.69
NYMEX金先物 1月限 1291 -9.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.8 +0
NYMEXガソリン 1月限 1.43 +0.0183
WTI ・・・ 53.55 +0
シカゴコーン ・・・ 380 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 +7.25
シカゴコーヒー ・・・ 105.25 +2.85
CRB商品指数 ポイント 0 +0