������������������ | 2018年11月12日 20:15 JST

〔ロンドン金属〕ニッケルが11カ月ぶり安値近辺=銅は逆行高(12日午前)

 【ロンドン・ロイター時事】週明け12日午前のロンドン金属取引所(LME)では、ニッケル相場がステンレス鋼に関する懸念を背景に11カ月ぶりの安値近くまで下落した。一方、銅は逆行高となった。  LMEニッケル3カ月は1052GMT時点で1.1%安の1万1340ドル。  サクデン・フィナンシャルの調査部門責任者、ジョーディー・ウィルクス氏は「中国の経済成長、欧州政治の不透明感、ドルが極めて強い状況など、マクロ経済からの圧力が引き続き(ニッケル)相場の重しとなっている」と指摘。その上で「市場参加者らは、20カ国・地域(G20)首脳会議である程度方向性が明確になると期待しているが、わたしは(米中の)貿易戦争をめぐる交渉には慎重姿勢だ」と語った。  ニッケルは、マクロ経済面での懸念に加え、ステンレス鋼の相場下落などが圧迫要因になった。  一方、LME銅3カ月物は0.3%高の6076.50ドルを付けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.15 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1244.4 -0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.1 -1
NYMEXガソリン 12月限 1.4204 +0.0065
WTI ・・・ 50.99 +0
シカゴコーン ・・・ 376.25 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 920 -1.75
シカゴコーヒー ・・・ 97.75 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0