������������������ | 2018年11月13日 18:29 JST

〔インサイト〕LME銅、上昇=米中貿易協議、楽観論で(13日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間13日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、2%近く上昇した。米中首脳会談に先立ち、中国の劉鶴副首相が訪米の準備を進めていると報じられたことが材料視された。  LMEの銅3カ月物は、0804GMT(日本時間午後5時04分)までに、1.6%高の1トン=6146ドル。一時、6016ドルの安値を付けた。上海先物取引所の銅先物中心限月は、0.2%高の1トン=4万9100元(7061ドル)で引けた。  香港紙サウスャイナ・モーニング・ポストは、米中両国の関係筋の話として、今月末からアルゼンチンで始まる20カ国・地域(G20)首脳会議に併せて開く米中首脳会談を準備するため、中国の劉鶴副首相が米国を訪れる可能性があると報じた。  この報道を受けて、中国の株価は上昇。リスク選好が改善し、アジア株は下げ幅を縮小した。  UBSウェルス・マネジメントのアナリスト、ドミニク・シュナイダー氏は「市場参加者は依然として、11月の米中首脳会談で起きることについて、大きな希望を抱いている」と話した。  ドルは、対通貨バスケットで16カ月ぶり高値をわずかに下回った。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0