鉄・非鉄金属 | 2018年11月28日 18:30 JST

〔インサイト〕LME銅、小反発=米中貿易摩擦の懸念で上値重い(28日)

 28日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は小反発。前日まで3営業日続落していた。米中貿易戦争の行方をめぐる懸念が広がったことが上値を抑えた。  LME銅3カ月物は0710GMT(日本時間午後4時10分)時点で、0.5%高の1トン=6154.50ドル。上海先物取引所の銅先物1月きりは0.4%高の4万9280元で引けた。  米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は27日、引き続き中国と合意する可能性が残っているとの認識を示した。一方、米中首脳会談で対立を打開できなければ、中国からの輸入品に対する関税引き上げの用意があると表明した。  ANZのシニア商品ストラテジスト、ダニエル・ハインズ氏は、現時点で楽観的な買いが若干入った可能性があると説明した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.03 +0.06
NYMEX金先物 4月限 1306.5 -2.6
NYMEXプラチナ先物 4月限 852.6 +4.7
NYMEXガソリン 3月限 1.8931 +0.0002
WTI ・・・ 59.07 +0
シカゴコーン ・・・ 371.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 904 -1.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0