鉄・非鉄金属 | 2018年12月06日 18:23 JST

〔インサイト〕上海銅、4日続落=米中貿易摩擦を懸念(6日)

 【北京ロイター時事】6日の上海先物取引所の銅相場は4日続落。米中貿易摩擦による需要低迷への懸念が引き続き重しとなった。  CITICフューチャーズのアナリストは顧客向けノートで、「米中両国の貿易交渉が長期化するとみられる中、銅相場は引き続き方向感を見いだせずにいる。市場が溶錬費や精錬費の引き上げに同意すれば、中国では精錬能力の増強が行われる見込みだ」と指摘した。  上海先物取引所の銅2月きりは0.9%安の1トン=4万8980元(約7111.02ドル)で引けた。  ロンドン金属取引所(LME)の銅3カ月物は続落。0726GMT(日本時間午後4時26分)時点は、0.6%安の1トン=6139.5ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.07 +1.69
NYMEX金先物 1月限 1291 -9.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 807.8 +0
NYMEXガソリン 1月限 1.43 +0.0183
WTI ・・・ 53.55 +0
シカゴコーン ・・・ 380 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 +7.25
シカゴコーヒー ・・・ 105.25 +2.85
CRB商品指数 ポイント 0 +0