鉄・非鉄金属 | 2018年12月07日 17:39 JST

〔インサイト〕LME銅、上伸=米利上げ停止観測背景に(7日)

 【マニラ・ロイター時事】欧州時間7日朝方のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ局面を停止する可能性があるとの報道を手掛かりに、1%超上伸している。  LME銅3カ月物は0715GMT時点で1.5%高の6159ドル。相場は前日に1.7%安となり、11月14日以来の安値を付けていた。  CRUのアナリスト、クリス・ウー氏は、米中の貿易摩擦が引き続き「世界と中国経済の先行きの最大の下向きリスクとなっている」と指摘した。同氏は2019年の相場は平均で6470ドル前後となり、今年のこれまでの平均の6574ドルを下回るとの見方を示している。  一方で同氏は、最大の消費国である中国の需要は今月に入り低下しているものの、来年の建国70周年に向けて、来年の地合いは引き続き上向きだとの見方を示した。同氏は「一部の市場参加者らは、特にインフラプロジェクトで政府の景気刺激策を予想している」と指摘した。  上海先物取引所の銅2月きりの清算値は4万9180元(7152ドル)とほぼ変わらず。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 62.76 +0.63
NYMEX金先物 6月限 1275.7 +1.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 820.3 +0.5
NYMEXガソリン 5月限 2.0473 +0.0097
WTI ・・・ 62.72 +0
シカゴコーン ・・・ 383.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 821.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 87.35 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0