鉄・非鉄金属 | 2018年12月14日 17:45 JST

〔インサイト〕LME銅、反落=中国鉱工業生産の伸び減速で(14日)

 【メルボルン、北京ロイター時事】欧州時間14日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は反落し、週間ベースでは3週続落に向かっている。11月の中国の鉱工業生産の伸びが減速し、銅の需要見通しが悪化した。  中国国家統計局が14日発表した11月の鉱工業生産の伸び率は、少なくともほぼ3年ぶりの低水準だった。  キングダム・フューチャーズのディレクター、マルコム・フリーマン氏はリポートで、「同統計を受けて、米株先物とともにアジア株は下げており、その地合いが金属相場に波及している」と指摘した。  LMEの銅3カ月物は0728GMT(日本時間午後4時28分)時点で、0.8%安の1トン=6105ドル。週間では0.3%安。  上海先物取引所の銅の中心限月清算値は0.6%安の4万8890元(7093.83ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.84
NYMEX金先物 1月限 1282.5 +0.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 786.5 +3.5
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.0304
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +3.5
シカゴコーヒー ・・・ 103.9 +0.55
CRB商品指数 ポイント 0 +0