鉄・非鉄金属 | 2019年01月08日 21:03 JST

〔ロンドン金属〕アルミ、下落=供給過剰懸念で(8日午前)

 8日午前のロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場は下落。弱気筋が引き続き売り圧力を強めた。一方で、他の非鉄金属は米中通商協議の結果を控えて、さえない値動きとなった。  アルミ3カ月物は1135GMT(日本時間午後8時35分)時点で、0.9%安の1トン=1862.50ドル。銅3カ月物は0.1%高の5928ドル。  LME金属の中でアルミは過去2カ月間で下落が目立っている。米国がロシアのアルミ大手ルサールへの制裁措置を解除する方針を示したことで、供給過剰懸念が高まったことが背景となっている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.62 -0.26
NYMEX金先物 2月限 1284 -4
NYMEXプラチナ先物 4月限 796.4 +1.4
NYMEXガソリン 1月限 1.3857 -0.0007
WTI ・・・ 52.39 +0
シカゴコーン ・・・ 378.75 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 915 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 103.4 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0