鉄・非鉄金属 | 2019年01月09日 17:50 JST

〔インサイト〕LME銅、上昇=中国消費拡大策や米中貿易協議を期待(9日)

 【北京ロイター時事】欧州時間9日朝のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は軒並み上昇。銅は1週間ぶり高値を付けた。最大消費国の中国が自動車や家電の消費拡大策を講じるとの報に加え、米中貿易協議に進展の兆しが見られることが相場を押し上げた。  中国国家発展改革委員会の寧吉哲副主任は国営中央テレビ(CCTV)に対し、検討中の新たな施策が国内消費拡大の取り組みの一環だと説明した。  エアコンや冷蔵庫、自動車などに使われる銅は、LMEの3カ月物価格が一時1.3%上昇し、2日以来の高値となる1トン=5982.50ドルを付けた。0714GMT(日本時間午後4時14分)時点で1.1%高の5968.50ドル。前日は0.3%安だった。  香港のアルゴノート・セキュリティーズのアナリスト、ヘレン・ラウ氏は、中国の景気刺激策が銅、アルミ、鉄鋼など自動車や家電に使われる幅広い金属の相場にとって強材料になるだろうと述べた。  上海先物取引所の銅3月きりは0.7%高の1トン=4万7680元で引けた。  ニッケルは卑金属相場全般の上昇を主導し、LMEと上海でそれぞれ1カ月ぶり高値を付けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.62 -0.25
NYMEX金先物 2月限 1284 -3.9
NYMEXプラチナ先物 4月限 796.4 +0.9
NYMEXガソリン 1月限 1.3857 -0.0007
WTI ・・・ 52.39 +0
シカゴコーン ・・・ 378.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 915 +2
シカゴコーヒー ・・・ 103.4 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0