鉄・非鉄金属 | 2019年01月11日 21:20 JST

〔ロンドン金属〕銅、上昇=ドル安や米中貿易協議への期待感で(11日午前)

 欧州時間11日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)のハト派的な姿勢がドルを押し下げた。一方で、さらなる米中貿易協議の開催に向けた動きを受けて、両国の対立が和らぐとの見方が強まった。  LMEの銅3カ月物は1117GMT(日本時間午後8時17分)時点で、0.5%高の1トン=5956.50ドル。週間ベースでは昨年11月中旬の週以来の上げ幅を記録する見通し。  米高官は中国の劉鶴副首相が今月ワシントンを訪問するとみており、今週北京で行われた次官級協議に続き、さらに高官レベルでの会談が行われる公算であることが示唆された。  ダンスケ銀行のコモディティーズ・アナリスト、イェンス・ペダーセン氏は「一連の弱い指標とともに新年が始まり、需要に対する懸念が高まったが、貿易協議の進展やドル安を踏まえると、現段階の非鉄金属相場はより好ましい環境となっている」と分析した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 58.82 +0.42
NYMEX金先物 4月限 1322.6 -2
NYMEXプラチナ先物 4月限 857.7 -2.7
NYMEXガソリン 3月限 1.9379 +0.0025
WTI ・・・ 58.66 +0
シカゴコーン ・・・ 379.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 906.5 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 94.25 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0