鉄・非鉄金属 | 2019年01月11日 18:02 JST

〔インサイト〕LME銅、上昇=ドル安や米中通商協議進展の兆候を好感(11日)

 【北京ロイター時事】欧州時間11日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇した。ドル安が支援材料になった。また投資家は、米中貿易摩擦の解消に向けた両国の協議が次の段階に向かう兆候を歓迎した。  LME銅3カ月物は0721GMT(日本時間午後4時21分)時点で、0.8%高の1トン=5975.50ドル。週間ベースでは1%高。  上海先物取引所の銅3月きりは0.5%安の1トン=4万7320元で引けた。  アルゴノート・セキュリティーズはリポートで、インドネシアのグラスバーグ銅山での減産に触れ、世界的な銅生産は今年は増加する可能性は低く、若干の減産になる可能性があると指摘。「われわれの見方では、こうしたバランスの変化が銅相場を下支えしている」と分析した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.81
NYMEX金先物 1月限 1282.5 +0.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 786.5 +3.5
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.0298
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +3.5
シカゴコーヒー ・・・ 103.75 +0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0