鉄・非鉄金属 | 2019年01月16日 17:00 JST

〔インサイト〕LME銅、続伸=ドル安、中国の景気刺激策に期待(16日)

 【北京ロイター時事】欧州時間16日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は続伸。ドル以外の通貨保有者にとって、ドル安により銅が割安になったほか、最大の銅消費国である中国が一段の景気刺激策の実施を示唆したことが、地合いを押し上げた。  中国人民銀行(中央銀行)が前日公表した12月の新規人民元建て融資は市場予想を大きく上回る内容となり、流動性の改善が示された。2018年の新規融資は2兆4000億ドルとなり、過去最高を更新した。  GFフューチャーズは顧客向けノートで、世界の銅の在庫量が「比較的低水準にある」ことが相場の支援材料になり得ると指摘。その一方、中国の銅需要が引き続き悪化する可能性もあると警鐘を鳴らした。  LMEの銅3カ月物相場は0705GMT(日本時間午後4時5分)時点で、0.8%高の1トン=5968ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.34
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +2.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 806.9 -0.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 +0.0066
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0