鉄・非鉄金属 | 2019年01月24日 17:48 JST

〔インサイト〕LMEアルミ、下落=需給緩和予想で(24日)

 【メルボルン、北京ロイター時事】欧州時間24日朝のロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場は下落。前日は約1カ月ぶり高値を付けた。供給逼迫(ひっぱく)状態が近く解消するとの見方が背景。  LME指定倉庫で出荷待ち状態の在庫を指すキャンセルワラントは、アルミが過去10日間で急増し40万トン近い水準となった。1月中旬時点は23万5000トンで、これが相場を支えている。  ただ、アルミのファンダメンタルズは依然弱気で、潤沢な供給と、最大の消費国・中国における閑散期の低調な需要との間に明らかな食い違いがあると、エバーブライト・フューチャーズ(光大期貨)は指摘した。  LMEのアルミ3カ月物相場は0731GMT(日本時間午後4時31分)時点で0.7%安の1トン=1896ドル。前日は1.4%高。  上海先物取引所のアルミ3月きりは0.5%高の1万3550元で引けた。  LMEの金属相場は全般に下落しており、銅3カ月物が0.3%安の1トン=5932.50ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 66.3 -0.38
NYMEX金先物 4月限 1269.3 -1.5
NYMEXプラチナ先物 7月限 893.8 -1.3
NYMEXガソリン 4月限 2.1316 -0.0266
WTI ・・・ 66.19 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 862 +3
シカゴコーヒー ・・・ 91.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0