鉄・非鉄金属 | 2019年02月02日 08:58 JST

〔ロンドン金属〕非鉄、下落=弱い中国PMIを嫌気(1日午前)

 1日午前のロンドン金属取引所(LME)の非鉄相場は下落。1月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が低調な内容となったことが嫌気された。アルミは供給過剰懸念を背景に値を下げた。  世界最大のアルミメーカーの中国宏橋集団は、中国政府が求める生産抑制策の一部が終了したことを受けて、段階的に生産を再開すると発表した。  キャピタル・エコノミクスのシニア・コモディティーズ・エコノミスト、ロス・ストラッチャン氏は「今年は大幅な減産は確認されておらず、生産抑制策の終了後の増産を予想している」と分析。「中国国内や世界各地で新たな生産が始まりつつあり、特にバーレーンでは大幅な増産がみられる」と指摘した。  LMEのアルミ3カ月物相場は1047GMT(日本時間午後7時47分)時点で、0.9%安の1トン=1893.50ドル。  銅3カ月物は0.7%安の6125ドル。週間では約1%高。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.35 -1.38
NYMEX金先物 8月限 1497.3 +29.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 861.9 -1.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6675 -0.0255
WTI ・・・ 54.05 +0
シカゴコーン ・・・ 363.25 -5
シカゴ大豆 ・・・ 856 -14
シカゴコーヒー ・・・ 92 -1.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0