鉄・非鉄金属 | 2019年02月04日 17:57 JST

〔インサイト〕LME銅、続落=中国は旧正月で休場(4日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間4日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、続落。工業用金属の最大消費国・中国の製造業活動の減速をめぐる懸念が相場を圧迫した。  中国が今週いっぱい旧正月で休場であるため、控えめな商いになった。  米国の雇用統計や製造業景況指数が強めの内容だったことを受けて、ドルは対円で上昇した。  LMEの銅3カ月物相場は0652GMT(日本時間午後3時52分)時点で0.3%安の1トン=6119.50ドル。  英調査会社マークイットと中国メディア財新が1日発表した1月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)は約3年ぶりの低水準だった。  米中貿易協議が妥結するとの見方が相場を下支えた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.18
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 9月限 850.6 -3.1
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0046
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +2.25
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0