鉄・非鉄金属 | 2019年02月05日 17:17 JST

〔インサイト〕LME亜鉛、7カ月ぶり高値=供給不足懸念で(5日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間5日朝のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は、亜鉛が7カ月ぶりの高値を付けた。在庫の減少に加え、最大生産国の中国で生産能力拡大が遅れていることから、供給不足が懸念された。  LMEの亜鉛3カ月物相場は0647GMT(日本時間午後3時47分)時点で、0.1%高の1トン=2804.50ドル。昨年7月4日以来の高値に達した。  中国の金属調査機関・安泰科によると、同国の2018年の亜鉛生産は453万トンと、前年比4.6%減少。13年以来の大幅な落ち込みとなった。  亜鉛在庫は11万2500トンと、昨年8月の水準の半分未満。また、キャンセルワラント(出荷予定の在庫)が全在庫の5割近くを占めることも懸念されている。  銅は続伸。米中の貿易協議が妥結するとの見方に下支えられた。銅3カ月物は0.8%高の1トン=6214.00ドル。  オーストラリア・ニュージーランド銀行は「米中貿易協議で合意が近いことを示す兆候がトレーダーを後押ししている」と指摘。「トランプ米大統領は先週末、良好な雰囲気の交渉を経て、合意に至ることに楽観的だと述べた」と説明した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.15
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 10月限 852.8 -2.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0046
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +2.25
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0