鉄・非鉄金属 | 2019年02月08日 16:45 JST

〔インサイト〕銅、下落=世界の経済成長懸念(8日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間8日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。世界の経済成長をめぐる懸念や米中貿易摩擦が圧迫要因となっている。  中国など主要経済国の統計で過去数週間、さえない数字が発表されているため、景気後退の懸念が高まっている。  アジア市場の株価は下落。世界の広範囲に及ぶ経済成長鈍化への懸念が広がる中、米中貿易摩擦の解決に向けた好材料が出ておらず、地合いは好転していない。  銅の3カ月物は0628GMT(日本時間午後3時28分)時点で、0.2%安の1トン=6236.00ドル。  トランプ米大統領は7日、中国との貿易交渉期限(3月1日)までに習近平国家主席と会談する予定がないと明らかにした。ANZは「貿易摩擦をめぐる懸念が再燃する中、非鉄は売り込まれた」と指摘した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.08
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 10月限 852.8 -3
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0043
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0