鉄・非鉄金属 | 2019年02月15日 20:47 JST

〔ロンドン金属〕上伸=中国の融資統計を好感(15日午前)

 欧州時間15日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、中国の融資統計が予想を上回る内容だったことを受け上伸。1114GMT(日本時間午後8時14分)時点は、1.2%高の6213ドルを付けた。  ただ週間ベースでは、世界経済の減速や米中の貿易摩擦、ドル高が圧迫要因となり、ほぼ横ばいとなる見通し。  1月の中国での新規融資額は、投資拡大と景気の急減速回避を狙う政府の取り組みを背景に、過去最高を記録した。  ICBCスタンダードのアナリスト、マーカス・ガーベイ氏は「(中国の融資統計を受け)中国での需要に関する期待感が一時的に改善した」と指摘。その上で、銅供給が引き締まっていることを考えれば、中国の需要が盛り上がりその他の地域で消費が大幅に落ち込まなければ、相場は6500ドル前後まで上昇するとの見方を示した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.21 -1.19
NYMEX金先物 5月限 1276.4 +4.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 889.7 +4
NYMEXガソリン 4月限 2.1321 -0.0271
WTI ・・・ 65.18 +0
シカゴコーン ・・・ 347.5 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 859.25 -2.75
シカゴコーヒー ・・・ 92.05 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0