鉄・非鉄金属 | 2019年02月15日 17:10 JST

〔インサイト〕LME銅、しっかり=米中貿易協議の結果待ち(15日)

 【北京ロイター時事】欧州時間15日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場はしっかり。1月の中国卸売物価指数(PPI)は事前予想を下回ったが、投資家らは米中の閣僚級貿易協議の結果待ちとなっている。  LME銅3カ月物は0733GMT(日本時間午後4時33分)時点で6135.50ドルとほぼ変わらず。  上海先物取引所の銅先物4月きりは、0.3%安の4万8200元(7112.82ドル)で引けた。  1月の中国PPIは前年同月比0.1%上昇で、上昇率は2016年9月以来の低水準となった。このため中国の内需が低迷し、同国がデフレに陥るとの懸念が台頭した。  LMEの銅相場は週間で1.2%安となる基調となっており、実際に下落すれば1月4日までの週以来となる。  アルゴノート・セキュリティーズ(香港)のアナリスト、ヘレン・ラウ氏は、相場が反発するきっかけとなり得る材料として、米中貿易協議の進展や中国での景気回復の兆候を挙げた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.76 +0.24
NYMEX金先物 4月限 1272.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 4月限 886.8 +7.4
NYMEXガソリン 4月限 2.0418 +0.0282
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 879 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 90.7 +3.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0