鉄・非鉄金属 | 2019年02月22日 21:00 JST

〔ロンドン金属〕銅、7カ月半ぶり高値=米中協議への期待や在庫減で(22日午前)

 欧州時間22日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇し、昨年7月以来の高値を付けた。在庫減や、米中貿易協議で両国が合意するとの見方が広がったことが背景。  銅3カ月物は1115GMT(日本時間午後8時15分)時点までに、1.4%高の6466ドルと昨年7月4日以来の高値を付けた。  ミラノのコンサルタント会社Tコモディティーのジャンクラウディオ・トルリッツィ氏は、「銅は貿易協議を受けてかなり勢いを得ている。米中が合意できれば、7000ドル台に再び向かうのにそれほど障害はなくなる」と指摘した。  国際銅研究会(ICSG)は、2018年11月の世界精錬銅市場が5万2000トンの供給不足だったと発表した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 58.52 +0.45
NYMEX金先物 3月限 1301.8 -0.6
NYMEXプラチナ先物 4月限 831.8 +4.5
NYMEXガソリン 3月限 1.8577 +0.0241
WTI ・・・ 58.46 +0
シカゴコーン ・・・ 371.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 905.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 94.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0