鉄・非鉄金属 | 2019年03月08日 23:11 JST

〔ロンドン金属〕LME銅、下落(8日午前)

 欧州時間8日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落した。中国政府が発表した2月の貿易統計では、未加工銅の輸入が前年同月比で減少し11カ月ぶりの低水準を記録。一方、銅精鉱の輸入は過去最高に並ぶ水準となり、最大消費国である中国で銅生産が増えていることが示唆された。  LMEの銅3カ月物は0.9%安の1トン=6366ドル。LME指定倉庫の在庫は11万6725トンに減少し、2008年以来の低水準となった。  銅現物相場の3カ月物に対するプレミアムは今週、15年1月以来の高水準となる1トン当たり70ドルに高騰したが、この日は35.50ドルまで下落した。  中国政府は今週、成長鈍化に歯止めをかけるため、減税やインフラ支出の計画を発表。ただ、これらの景気刺激策が産業用金属の需要増に結び付くには6~9カ月かかるとみられ、銅相場を押し上げるのは今年下半期となりそうだ。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.91 +0.71
NYMEX金先物 6月限 1285.4 -1.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 799.5 +3.5
NYMEXガソリン 5月限 1.9133 +0.0133
WTI ・・・ 57.62 +0
シカゴコーン ・・・ 389.75 +1
シカゴ大豆 ・・・ 821.5 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 93.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0