鉄・非鉄金属 | 2019年03月18日 21:13 JST

〔ロンドン金属〕LME銅、横ばい=世界経済減速懸念が上値抑制(18日午前)

 18日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は横ばい。第2四半期の季節的要因で中国の需要が高まるとの期待感に加え、低水準の在庫が下支え要因となった。一方、貿易摩擦による世界経済減速をめぐる懸念を背景に上値は抑えられた。  LME銅3カ月物は1055GMT(日本時間午後7時55分)時点で、0.3%高の6453ドル。  ソシエテ・ジェネラルの金属調査責任者、ロビン・バー氏は「第2四半期は通常、現物の動きは活発だ。銅などの金属の在庫は低水準で、需給も明らかに逼迫(ひっぱく)している」と述べた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.78 -0.01
NYMEX金先物 8月限 1423.3 +1.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.6 +4.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8787 +0.0051
WTI ・・・ 56.47 +0
シカゴコーン ・・・ 436 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 882.5 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 105.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0