鉄・非鉄金属 | 2019年03月20日 17:26 JST

〔インサイト〕LME銅、下落=FOMC声明控え警戒感(20日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間20日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控えて警戒感が広がった。  マレックス・スペクトロンのガイ・ウルフ氏は「相場が上伸するには、これまでとは異なる新規の材料を確認する必要がある。(必要なのは)中国の景気刺激策が奏功しているという何らかの証拠だ」と指摘した。  LMEの銅の3カ月物は0707GMT(日本時間午後4時7分)時点で、0.1%安の1トン=6450ドル。上海先物取引所の銅の中心限月の清算値は0.1%安の4万9190元。  LMEのアルミ3カ月物は0.1%安。前日は3カ月ぶりの高値を付けた。LMEのニッケル、亜鉛、鉛、スズはいずれも小幅高。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.78 +0
NYMEX金先物 8月限 1423.3 +1
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.6 +4.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8787 +0.0051
WTI ・・・ 56.47 +0
シカゴコーン ・・・ 436 -1
シカゴ大豆 ・・・ 882.5 -0.75
シカゴコーヒー ・・・ 105.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0