鉄・非鉄金属 | 2019年04月15日 19:28 JST

〔ロンドン金属〕銅、小幅上昇=新たな中国統計待ち(15日午前)

 欧州時間15日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は小幅上昇。堅調な中国統計や、ドル安が支援材料となった。週内には中国の1~3月期の国内総生産(GDP)などの指標が発表される。  LMEの銅3カ月物は0923GMT(日本時間午後6時23分)時点で、0.1%高の1トン=6490ドル。  コメルツバンクのアナリスト、ダニエル・ブリーズマン氏は「12日に発表された中国指標が銅や他の非鉄相場を下支えしている」と指摘。「市場は次に発表される一連の中国統計を待っている」と述べた。  中国の3月の未加工銅輸入は、前月比25.7%増の39万1000トンだった。前年同月比では26.5%増加した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 +0.17
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +15.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 -1.9
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 +0.0173
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +2.5
シカゴ大豆 ・・・ 909 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 104.65 +2.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0