鉄・非鉄金属 | 2019年04月23日 20:52 JST

〔ロンドン金属〕ニッケル、2カ月ぶり安値=供給改善で(23日午前)

 イースター休暇が明けた、欧州時間23日午前のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は、ニッケルが供給増加の兆候を背景に2カ月ぶりの安値を付けた。中国経済をめぐって相反する内容のさまざまなシグナルが発せられる中、卑金属全般は強弱まちまちとなっている。  国際ニッケル研究所(INSG)が22日発表した統計によると、1~2月の世界のニッケル市場の供給不足は5700トンと、前年同期の2万4400トンから大幅に縮小した。  BMOキャピタル(ロンドン)のコモディティーズ・リサーチ担当ディレクター、コリン・ハミルトン氏は「ニッケルが少し圧迫されている理由はわかる。データはまだ供給不足を示しているが、過去数年間の水準を大きく下回っている。それにニッケル鉱の価格は1年超ぶりの安値水準に下げている」と説明。「中国のニッケル銑鉄の生産は今年増加しているので、供給はそこそこ伸びつつある」と述べた。  LMEのニッケル3カ月物は1040GMT(日本時間午後7時40分)時点で0.4%安の1トン=1万2610ドルと、2月19日以来の安値。  中国株安が卑金属相場を圧迫。中国株は前日の大幅下落に続き、きょうも下落した。経済指標が予想より強い内容だったことで、中国当局が金融緩和をペースダウンするのではと懸念された。  銅3カ月物は0.5%安の1トン=6443.50ドル。アルミと亜鉛は上昇している。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.58 -2.38
NYMEX金先物 7月限 1411.4 -4.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 839.5 +5.2
NYMEXガソリン 7月限 1.9303 -0.0471
WTI ・・・ 59.27 +0
シカゴコーン ・・・ 441 -6.25
シカゴ大豆 ・・・ 901.75 -15.25
シカゴコーヒー ・・・ 108.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0