鉄・非鉄金属 | 2019年04月23日 18:20 JST

〔インサイト〕LME銅、ニッケルが下落=中国の景気刺激策縮小を懸念(23日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間23日朝のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は、銅とニッケルが下落している。世界最大の金属消費国、中国の経済に幾分回復の兆しが見られたことを受けて、中国当局が景気刺激策を縮小する可能性が懸念された。  中国共産党首脳らは19日、レバレッジ解消を推し進め、不動産市場の投機を防ぐ意向を示した。大規模な追加刺激策がもたらすとみられる債務リスクが、再び注目されつつある可能性を示唆している。この報を受けて23日の中国株は、前日の大幅下落からさらに値下がりした。  金属コンサルタントCRUの上海を拠点とするアナリスト、ヒー・ティアンユー氏は「緩和的な政策が終わりに直面する可能性を人々は懸念している」と指摘した。  LMEの銅3カ月物は0707GMT(日本時間午後4時07分)時点で0.8%安の1トン=6427.50ドル。上海先物取引所の銅中心限月6月きりは0.5%安の1トン=4万9160元で引けた。  LMEのニッケル3カ月物は0.9%下落し、1トン=1万2560ドルと、取引時間中としては2月19日以来の安値を付けた。上海市場のニッケル中心限月は1.2%安の9万8440元で引けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.58 -2.36
NYMEX金先物 7月限 1411.4 -4.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 839.5 +5.2
NYMEXガソリン 7月限 1.9303 -0.0455
WTI ・・・ 59.27 +0
シカゴコーン ・・・ 441 -6
シカゴ大豆 ・・・ 901.75 -15
シカゴコーヒー ・・・ 108.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0