鉄・非鉄金属 | 2019年05月07日 19:24 JST

〔ロンドン金属〕銅、下落=米中貿易摩擦に懸念(7日午前)

 欧州時間7日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。トランプ米大統領が対中制裁関税の引き上げを表明したことで、米中貿易協議の先行きに懸念が広がった。  LMEの銅3カ月物相場は1045GMT(日本時間午後7時45分)時点で、1.1%安の1トン=6167ドル。銅相場は前週、2月15日以来の安値となる6150ドルまで下げた。  トレーダーは「トランプ大統領の発言に対する反応が遅れて出てきた」と説明。200日移動平均の6190ドル近辺を割り込めば、売りが一段と加速するとも指摘した。  LME指定倉庫の銅在庫が2月中旬から2倍超の水準に積み上がっていることも相場の重しとなっている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.1 +0.42
NYMEX金先物 6月限 1277.3 -1.7
NYMEXプラチナ先物 6月限 813 +0.4
NYMEXガソリン 5月限 2.0099 +0.0147
WTI ・・・ 63.07 +0
シカゴコーン ・・・ 389 +6
シカゴ大豆 ・・・ 831.75 +6.75
シカゴコーヒー ・・・ 89 -0.9
CRB商品指数 ポイント 0 +0