鉄・非鉄金属 | 2019年05月16日 18:47 JST

〔インサイト〕上海アルミ、7カ月ぶり高値=供給不足懸念で(16日)

 【シンガポール・ロイター時事】16日の上海先物取引所で、大半の非鉄相場が上昇した。上海先物取引所のアルミ中心限月は一時、0.5%高の1万4395元まで上昇し、2018年10月以来の高値を付けた。終値は0.4%高で、5営業日続伸した。  上海先物取引所の銅中心限月は0.4%高の4万7790元だった。ニッケルが1.2%高、亜鉛が1.3%高。  中国の大手アルミ製錬会社が、環境問題からアルミナ精製の全ライン(年間生産能力280万トン)を閉鎖していることでアルミナ価格の急伸を招いている。  コンサルタント会社CRUのアナリスト、ジャッキー・ワン氏は「アルミナ価格は今週急伸し、高止まりするとみられ、アルミ相場の支援材料となっている。中長期の需要も注視する必要がある」と話した。  ロンドン金属取引所(LME)の銅3カ月物は0729GMT(日本時間午後4時29分)時点で、ほぼ横ばいの1トン=6083ドル。アルミは0.2%高、ニッケルは0.5%安。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.58 -1.58
NYMEX金先物 7月限 1411.4 -4.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 839.5 +5.2
NYMEXガソリン 7月限 1.9303 -0.0248
WTI ・・・ 59.27 +0
シカゴコーン ・・・ 441 -5.5
シカゴ大豆 ・・・ 901.75 -14.25
シカゴコーヒー ・・・ 108.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0