鉄・非鉄金属 | 2019年05月17日 20:47 JST

〔ロンドン金属〕銅、下落=米中貿易摩擦激化で(17日午前)

 欧州時間17日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、米国と中国の貿易をめぐる対立が激化する中、下落している。  銅3カ月物は1015GMT(日本時間午後7時15分)時点で0.8%安の1トン=6049ドル。  銅は今週1.3%下落し、1月以来の安値近辺で取引されている。  ソシエテ・ゼネラルの金属調査責任者、ロビン・バー氏は、米中貿易摩擦の激化で相場が押し下げらているが、銅の強いファンダメンタルズから、年内に1トン=6500ドルを回復する可能性が大きいとの見方を示した。  米国の中国への制裁関税や、米政府による中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)と米企業との取引上禁止措置に関して、中国共産党機関紙の人民日報は17日、1面の論説記事で、中国はより強くなるだけで、決して屈することはないと強調した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 -0.3
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +15.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 +3
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 -0.0049
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +4
シカゴ大豆 ・・・ 909 +6.25
シカゴコーヒー ・・・ 103 +1
CRB商品指数 ポイント 0 +0