鉄・非鉄金属 | 2019年05月20日 19:52 JST

〔ロンドン金属〕亜鉛、一時4カ月ぶり安値=中国供給増懸念で(20日午前)

 欧州時間20日午前のロンドン金属取引所(LME)の卑金属相場は、亜鉛が下落し、一時は約4カ月ぶりの安値を付けた。最大の生産国・中国からの供給増加が懸念された。一方で工業用金属全般は米中貿易摩擦に圧迫された。  LMEの亜鉛3カ月物は1000GMT(日本時間午後7時)時点で1.3%安の1トン=2565ドル。一時は1月22日以来の安値となる2560.5ドルを付けた。5月に入って9%余り下げている。  亜鉛トレーダーは「今朝はまた売りが相次いだ。中国で亜鉛供給が下半期に大幅に増えるとの見方が地合いに打撃を与えた」と指摘。「貿易摩擦は近いうちには解決しないようであり、その不透明感が卑金属全般への圧力を維持するだろう」と説明した。  アナリストらは中国の亜鉛生産が5月に前月比約5%増の56万トン超になると予想する。  銅3カ月物は0.5%安の1トン=6023ドル、アルミ3カ月物は0.6%安の1826ドル。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 -0.06
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +15.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 +2.6
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 -0.0014
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +4.25
シカゴ大豆 ・・・ 909 +6.25
シカゴコーヒー ・・・ 103 +1
CRB商品指数 ポイント 0 +0