鉄・非鉄金属 | 2019年05月20日 18:24 JST

〔インサイト〕LME銅、続落=貿易戦争を懸念(20日)

 【マニラ・ロイター時事】欧州時間20日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は続落。米中貿易摩擦の再燃が引き続き警戒された。ドル高も金属相場を圧迫した。  中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)と米企業との取引を禁じる米国の制裁措置を受けて中国政府は、有意義な貿易協議をしたいならば米国は誠意を示さなくてはならないと呼び掛けた。  アルゴノート・セキュリティーズ(香港)の金属・鉱業アナリスト、ヘレン・ラウ氏は「逆風が多く、(貿易摩擦で)次に何が起きるかを予測することは難しい」と指摘した。  0716GMT(日本時間午後4時16分)時点で、LMEの銅3カ月物は0.3%安の1トン=6040ドル。先週の下落の後を受け、一時は幾分反発した。  上海先物取引所の銅中心限月は、0.5%安の1トン=4万7620元で引けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +4.9
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +3.3
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.138
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0