鉄・非鉄金属 | 2019年05月21日 17:40 JST

〔インサイト〕LME銅、反発=対中規制措置緩和で

 【北京ロイター時事】欧州時間21日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、米政府が中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)と米企業との取引を規制する措置を一部緩和したことを受け、反発した。  LMEの銅3カ月物は0721GMT(日本時間午後4時21分)時点で、0.2%高の1トン=6042.50ドル。一時は0.6%高まで上昇した。  先週、米政府はファーウェイと同社の関連会社68社を米製品購入を禁止する取引先のリストに指定し、米中の貿易対立が激化。金属相場の重しとなっていた。  キングダム・フューチャーズのディレクター、マルコム・フリーマン氏は顧客向けノートで、株価上昇の流れを受けて、金属相場はとりあえず反発したとの認識を示した。  同氏は、金属はLMEの倉庫から引き揚げられ続けており、その圧力がある時点で多くの金属相場の好転につながる可能性があると分析していた。  上海先物取引所の銅中心限月は0.1%安の1トン=4万7700元(6904.04ドル)で引けた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 -0.19
NYMEX金先物 6月限 1340.1 -5.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 -5.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 -0.0066
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +9.5
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +15.75
シカゴコーヒー ・・・ 95.8 -0.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0