鉄・非鉄金属 | 2019年06月06日 20:34 JST

〔ロンドン金属〕LME鉛、急上昇=需給懸念で(6日午前)

 欧州時間6日午前のロンドン金属取引所(LME)では、鉛相場が急上昇し、1カ月ぶりの高値を付けた。豪ポートピリーにある製錬所の稼働停止に加え、在庫が10年ぶりの低水準まで減少したことで需給逼迫(ひっぱく)懸念から買い戻しが加速した。  ベルギーの亜鉛生産大手ニルスターは、5月28日にポートピリーの製錬所を稼働停止した。ただ、同社の広報担当者はロイター通信に対し、数日以内に生産を再開する見通しだと説明した。  また、6日公表されたデータによると、LME指定倉庫の鉛在庫は6万6550トンと、2009年4月以来の低水準まで減少した。  LME鉛3カ月物は1050GMT(日本時間午後7時50分)時点で、2.5%高の1トン=1912ドル。5月1日以来の高値水準となっている。  LME銅3カ月物は0.6%高の1トン=5838.50ドルと、前日に付けた5カ月ぶりの安値水準から値を戻している。米中貿易協議の停滞が嫌気され、銅相場は5月初めから約9%下落している。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +4.93
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +3.4
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1377
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0