鉄・非鉄金属 | 2019年06月10日 20:43 JST

〔ロンドン金属〕銅、しっかり=アルミは一時2年5カ月ぶり安値(10日午前)

 欧州時間10日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場はしっかり。米国とメキシコが新たな関税措置の発動を回避することで合意し、米中貿易合意への期待が高まった。  LMEの銅3カ月物は1020GMT(日本時間午後7時20分)時点で、0.3%高の1トン=5820ドル。ただ、10日に発表された5月の中国貿易統計で、銅の輸入が前月比10.9%減少したことを受け、上値は抑えられた。  アルミ3カ月物は0.5%安の1756ドル。一時2017年1月以来の安値となる1752.50ドルまで下落した。貿易統計で、中国の輸出が急増し、供給過剰懸念が広がった。  貿易統計によると、5月の中国の未加工アルミ輸出は前月比7.6%増の53万6000トン。1~5月の累計は前年同期比12.4%増加した。  ソシエテ・ジェネラルの金属調査部門の責任者、ロビン・バー氏は「中国の輸出増と最近の原油安がアルミ相場を押し下げた」と指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.28 +0.23
NYMEX金先物 6月限 1339.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 809.4 -6.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7199 +0.0145
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 442 +11.25
シカゴ大豆 ・・・ 888 +9.25
シカゴコーヒー ・・・ 96.1 -1.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0