鉄・非鉄金属 | 2019年07月03日 20:42 JST

〔ロンドン金属〕銅、続落=米中協議の不透明感と在庫増で(3日午前)

 欧州時間3日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は続落し、一時は約2週間ぶり安値を付けた。米中貿易協議をめぐる不透明感が、需要見通しに悲観的見方を加えた。LME指定倉庫の在庫が1年ぶりの高水準に膨らんだことも弱材料になっている。  LMEの銅3カ月物は1005GMT(日本時間午後7時05分)時点で0.1%安の1トン=5883ドル。一時6月18日以来の安値である5840ドルを付けた。  トランプ米大統領は1日、中国との貿易合意は幾分米国有利に偏った内容となるべきだと発言。また米政府高官は、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)を制裁対象リストから除外しない方針を強調した。  LME指定倉庫の銅在庫は3万2575トン増の27万2500トンと、1年ぶりの高水準となった。  ETFセキュリティーズのアナリスト、ニテシュ・シャー氏は、米中両国が先週末の協議を受けて貿易合意に向かうとの期待が消えつつあると指摘。「需給動向の観点からすると(銅に関する)状況はかなり良好だ。もし需要に疑問符が付いていなければ、銅相場はとても力強い値動きとなっていただろう」と語った。  一方、スズは1.8%高の1トン=1万8025ドル。前日は6%超下落し、3年ぶりの安値を付けた。  アルミは0.2%安の1トン=1779ドル、亜鉛は0.6%安の2464.50ドル、鉛は0.3%安の1890ドル。ニッケルは2.1%高の1万2350ドル。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.7 -0.43
NYMEX金先物 10月限 1482.7 +1.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 900.3 -4.2
NYMEXガソリン 10月限 1.6388 -0.0054
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 397.75 +1
シカゴ大豆 ・・・ 936 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 93.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0