鉄・非鉄金属 | 2019年07月08日 17:18 JST

〔インサイト〕LME銅、下落=在庫増、ドル高(8日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間8日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。在庫の増加に加え、米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅な利下げ観測の後退に伴うドル高が圧迫要因。  LMEの銅3カ月物は0702GMT(日本時間午後4時2分)時点で、0.2%安の1トン=5889ドル。上海先物取引所の銅先物8月きりは0.1%安の1トン=4万6390元で引けた。  6月の米雇用統計によると、非農業部門の就業者数の伸びは急減速した前月から回復。これが支援材料となり、ドルは6月19日以来の高値付近で推移した。  先週発表された統計によると、LME指定倉庫の銅在庫は4日、30万2975トンと約1年1カ月ぶりの高水準となった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.7 -0.7
NYMEX金先物 10月限 1482.7 +1.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 900.3 -3.9
NYMEXガソリン 10月限 1.6388 -0.0146
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 397.75 +1
シカゴ大豆 ・・・ 936 +3.5
シカゴコーヒー ・・・ 93.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0