鉄・非鉄金属 | 2019年07月09日 17:51 JST

〔インサイト〕LME銅、下落=中国の需要低迷めぐる懸念(9日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間9日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。中国での需要低迷をめぐる懸念が広がった。  LMEの銅3カ月物は0714GMT(日本時間午後4時14分)時点で、0.3%安の1トン=5876ドル。上海先物取引所の銅先物8月きりは0.4%安の1トン=4万6190元で引けた。  投資家は、米中貿易戦争が長引く中、銅需要の減少などを懸念している。  銅価格は米中貿易戦争の緊張が高まった昨年6月以降、約20%下落。ただ、一部の投資家はそれ以上に、中国の景気減速が見込まれていることで弱気を唱えている。  香港の金属トレーダーは「米中貿易戦争がなくても、中国の成長は既に低迷していた。中国の人々は自動車を以前より購入していない。中国政府による景気刺激策が実施されているが、あまり需要は顕在化していない」と話した。  米中貿易協議は2カ月中断されていたが、今週、再開される見通し。しかし、両者の溝が埋まる兆しはほとんど見られない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.7 -0.49
NYMEX金先物 10月限 1482.7 +1.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 900.3 -2.7
NYMEXガソリン 10月限 1.6388 -0.0082
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 397.75 +1
シカゴ大豆 ・・・ 936 +5
シカゴコーヒー ・・・ 93.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0