鉄・非鉄金属 | 2019年08月13日 18:52 JST

〔インサイト〕上海アルミ、上昇=中国での供給懸念で(13日)

 【シンガポール・ロイター時事】13日の上海先物取引所のアルミ相場は上昇。中国で台風の影響による供給懸念が広がり、2カ月超ぶりの高値を付けた。  世界最大のアルミメーカーの中国宏橋集団は、週末にかけて台風9号が山東省を直撃し、深刻な洪水被害が起きたものの、通常通り操業を行っていると明らかにした。同社は「台風による設備への打撃はなかった。施設の外で洪水が起きたが、設備への実際の損害はなかった」と説明した。  上海先物取引所のアルミ中心限月は一時1トン=1万4285元と5月29日以来の高値を付けたが、中国宏橋集団のコメントを受けて1万4200元で終了した。銅中心限月は0.3%下落した。  ロンドン金属取引所(LME)のアルミ3カ月物は0714GMT(日本時間午後4時14分)時点でほぼ変わらず。年初来では4.1%安。銅3カ月物は0.1%高。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.64
NYMEX金先物 8月限 1504.6 -4.6
NYMEXプラチナ先物 9月限 850.6 -3.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.022
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +4.5
シカゴコーヒー ・・・ 92.85 +1.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0