鉄・非鉄金属 | 2019年08月19日 17:57 JST

〔インサイト〕LME銅、上伸=中国の金利に関する改革発表を好感(19日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間19日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇している。中国が発表した景気支援に向けた新たな措置が、銅需要の改善につながる可能性がある。  中国人民銀行(中央銀行)は先週末に主要な金利に関する改革を発表。企業の借り入れコストを低下させることが目的だ。  LMEの銅3カ月物相場は0704GMT(日本時間午後4時04分)時点で0.8%高の1トン=5791ドル。  上海先物取引所の銅先物中心限月10月きりは0.4%高の1トン=4万6610元で引けた。  ただ、中国経済が米国との貿易戦争による打撃を受け続けていることが、弱い内容の経済指標で示され、銅の上値を抑えた。米中貿易協議はまだ合意が視界に入っていない。  トランプ米大統領は18日、中国との貿易協議について、「私はまだ合意する準備ができていない」と述べた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +6.07
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +5
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1686
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +2.75
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0