鉄・非鉄金属 | 2019年08月20日 21:00 JST

〔ロンドン金属〕銅、下落=中国需要減を材料視(20日午前)

 欧州時間20日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落した。世界最大の消費国・中国の需要減退見通しが材料視された。長引く米中貿易摩擦で、中国の製造業活動は減速している。  LMEの銅3カ月物は1045GMT(日本時間午後7時45分)時点で0.6%安の1トン=5736ドル。  シティグループのアナリスト、オリバー・ヌージェント氏は「貿易戦争は心理面だけでなく、データに反映されている。銅需要は打撃を受けた。今年の銅市場の需給は均衡する見込みなので、マクロ(経済)状況に左右されるだろう」と語った。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 58.19 +0.2
NYMEX金先物 9月限 1498.4 +4.6
NYMEXプラチナ先物 10月限 942.4 +4.5
NYMEXガソリン 9月限 1.7007 -0.0183
WTI ・・・ 57.87 +0
シカゴコーン ・・・ 372.75 -1.75
シカゴ大豆 ・・・ 893 -10.75
シカゴコーヒー ・・・ 98.35 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0