鉄・非鉄金属 | 2019年08月22日 17:32 JST

〔インサイト〕LME銅、下落=追加利下げに慎重なFOMC議事要旨で(22日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間22日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。米連邦準備制度理事会(FRB)が21日公表した先月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、追加の金融緩和に向けて事前に準備していないことを示唆したことに加え、最大消費国である中国の需要鈍化観測が弱材料となった。  米利下げはドル安を招き、他の通貨利用者にとってドル建ての金属は割安になる。  LMEの銅3カ月物相場は0704GMT(日本時間午後4時04分)時点で、0.8%安の1トン=5684.50ドル。  FOMCの議事要旨では、利下げをめぐり参加者の間で意見がはっきり分かれていたことが分かった。一方、追加利下げに向けて事前に準備していないことを示唆するよう求める点では意見が一致していた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +6.28
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +15.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +5.2
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1738
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0