鉄・非鉄金属 | 2019年10月11日 18:07 JST

〔インサイト〕上海銅、2週間ぶり高値=LME銅も続伸―貿易協議期待(11日)

 【シンガポール・ロイター時事】11日の上海先物取引所の銅先物相場は約2週間ぶり高値を付けた。トランプ米大統領が中国との貿易協議について「非常に良かった」と述べたことで、米中貿易戦争のこう着状態に突破口が開くとの期待が浮上した。  米中の閣僚級貿易協議の初日が終わった後で、トランプ氏は記者団に対し「中国と非常に良い交渉を行った」と発言。11日に中国の劉鶴副首相と会談する意向を改めて示した。この発言が市場に安心感を与えた。  上海市場の銅先物中心限月12月きりは、0.7%高の1トン=4万6910元で引けた。一時は9月30日以来の高値となる4万7070元を付けた。  欧州時間11日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、0716GMT(日本時間午後4時16分)時点で0.1%高の1トン=5786ドル。前日は1.7%高と、約4週間ぶりの大幅上昇となった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.77 +1.16
NYMEX金先物 11月限 1471.8 -2.7
NYMEXプラチナ先物 12月限 881.1 +12
NYMEXガソリン 11月限 1.6158 +0.0226
WTI ・・・ 56.52 +0
シカゴコーン ・・・ 375.75 -5
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 106.6 -1.45
CRB商品指数 ポイント 0 +0