鉄・非鉄金属 | 2019年11月08日 18:42 JST

〔インサイト〕LME銅、小幅下落=米中貿易協議をめぐる懸念などで(8日)

 【シンガポール・ロイター時事】欧州時間8日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は小幅下落。中国の銅輸入統計が弱かったことや米中貿易協議の先行きをめぐる懸念が地合いを圧迫した。  LME銅3カ月物は0818GMT(日本時間午後5時18分)時点で、0.3%安の1トン=5959ドル。上海先物取引所の銅中心限月は0.2%高の1トン=4万7340元。  中国税関総署は、10月の銅輸入が前月比3.1%減少したと発表した。銅需要の減少をめぐる懸念が台頭した。中国は、銅の最大消費国。  CRUのアナリストは「銅市場は、良い状態ではない」と述べた。このアナリストは、今年の中国からの銅需要は増加してきたものの、自動車セクターなどの弱い消費を受けて、2018年より増加ペースが遅いと話した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 58.58 -0.38
NYMEX金先物 12月限 1463.6 +1
NYMEXプラチナ先物 1月限 917.5 -6.4
NYMEXガソリン 11月限 1.7044 -0.0028
WTI ・・・ 58.31 +0
シカゴコーン ・・・ 368.5 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 901 +0
シカゴコーヒー ・・・ 115.25 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0