石油 | 2015年11月06日 06:39 JST

〔NY石油〕WTI、続落(5日)

 【ニューヨーク時事】5日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、供給過剰に対する懸念が広がる中、続落した。米国産標準油種WTIの中心限月12月物の清算値は前日比1.12ドル(2.4%)安の1バレル=45.20ドルだった。1月物は0.97ドル安の46.24ドルとなった。  前日に発表された米エネルギー情報局(EIA)週報では原油在庫の積み増しが確認された。これを受けて需給緩和懸念が広がり、相場は前日から弱地合いが続いた。  また、エネルギー情報会社ジェンスケープがWTIの受け渡し拠点である米オクラホマ州クッシングの在庫の大幅な積み上がりを予想しているとの報が伝わったことなども、原油相場を押し下げる要因となった。 ▽ガソリン=続落。12月物は3.09セント安の1ガロン=136.10セント。 ▽ヒーティングオイル=続落。12月物は1.63セント安の1ガロン=148.72セント。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.04 +0.72
NYMEX金先物 8月限 1260 +6.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 926.4 +9.6
NYMEXガソリン 7月限 1.6446 +0.0254
WTI ・・・ 49 +0
シカゴコーン ・・・ 374.25 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 994.75 +3.5
シカゴコーヒー ・・・ 137.85 +1.9
CRB商品指数 ポイント 181.1419 +0