石油 | 2016年04月28日 07:30 JST

〔米欧石油市況・詳報〕ブレント、WTIともに一時年初来高値=ドル安(27日)

 【ニューヨーク・ロイターES=時事】27日の米欧石油市場の原油先物相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げ見送り発表に伴うドル安を背景に大幅続伸し、取引時間中の年初来高値を更新した。  英国産の北海ブレント原油6月きりの清算値は1.44ドル高の1バレル=47.18ドル。これより先、年初来高値の47.45ドルを付けた。  米国産WTI原油6月きりの清算値は1.29ドル高の45.33ドル。一時、年初来高値の45.62ドルまで上昇した。  クリッパーデータ(ニューヨーク)のコモディティー調査責任者マット・スミス氏は「原油在庫は現状(まちまち)の通りだが、テクニカル分析上の強気の見方とFRB(声明)のハト派的な表現が相まって、マーケットに再び火が付いた」と話した。  ヒーティングオイルやガソリンの先物相場も軒並み上昇した。  こうした原油の回復について、一部市場関係者は行き過ぎだと指摘。相場が上がれば生産も活発化するため、世界的な過剰供給がさらに膨らむと警告する。  ブレントは1月下旬に付けた12年ぶり安値から20ドル超(約75%)上昇。今月だけでも19%値上がりしている。  テュケ・キャピタル・アドバイザーズ(ニューヨーク)のトレーダー兼ポートフォリオ・マネジャー、タリク・ザヒル氏は「原油在庫が増え、サウジアラビアは過去最高水準の生産を維持している。このところの油価の急上昇はドル安が主因と思われる」と話した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.36 -0.2
NYMEX金先物 1月限 1246.5 +2.2
NYMEXプラチナ先物 1月限 883.7 +6
NYMEXガソリン 12月限 1.7166 -0.0077
WTI ・・・ 57.1 +0
シカゴコーン ・・・ 340 +0
シカゴ大豆 ・・・ 989.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 120.6 +0
CRB商品指数 ポイント 184.471 +0