石油 | 2016年07月27日 15:41 JST

〔東京石油〕中東産原油、円軟化で4日ぶり反発=製品も堅調(27日)

 中東産原油は4営業日ぶり反発。終値は、中心限月12月先ぎりが前日比220円高の2万8350円、ほかが40~260円高。日中立ち会いは、26日のニューヨーク原油(WTI)相場が需給緩和観測を背景に下落したのを映し、弱気売りが先行して始まった。その後、円相場の軟化を眺めプラス圏に浮上し、上値を追ったが、大引けにかけて戻りを売られ、上げ幅を縮小した。  石油製品は原油になびき堅調。ガソリンが360~570円高、灯油が110~410円高で終了した。軽油は取引が成立しなかった。  中京ガソリンは、約定された10~1月きりの4限月が600円安~500円高。中京灯油は期中・期先が1400円安~変わらず(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 +0.02
NYMEX金先物 7月限 1225.7 -1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 817.4 -3.4
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 +0.0049
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +1.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0