石油 | 2017年03月16日 08:54 JST

〔東京石油〕中東産原油、円高受け小反落=製品はまちまち(16日朝)

 中東産原油は小反落。日中立ち会いは、15日の欧米原油が米原油在庫の減少やドル安を背景に上昇したものの、円相場が前日の東京市場大引け時点に比べ引き締まっていることから、売りが先行している。中心限月8月先ぎりの始値は、前日比10円安の3万6080円。  石油製品は小幅まちまち。9月先ぎりは、ガソリンが20円安、灯油が50円高でそれぞれ寄り付いた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.62 -0.96
NYMEX金先物 5月限 1262.1 +2.7
NYMEXプラチナ先物 5月限 946.1 +0
NYMEXガソリン 4月限 1.5903 -0.0448
WTI ・・・ 49.19 +0
LME銅先物 3ヶ月 5706.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1963.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9320.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 359 +1.5
シカゴ大豆 3ヶ月 945.75 +2
シカゴコーヒー 3ヶ月 127.65 -0.5
CRB商品指数 ポイント 181.7076 +0