石油 | 2017年03月16日 11:07 JST

〔東京石油〕中東産原油、始値近辺で推移=決め手材料欠く(16日午前)

 中東産原油は始値近辺で推移。日中立ち会いは、15日の欧米原油高と為替の円高・ドル安といった強弱両材料が交錯する中、小幅まちまちで始まった。その後は、取引中のニューヨーク原油(WTI)相場と円相場が小動きとなり、決め手材料難からもみ合っている。午前11時現在、中心限月8月先ぎりが前日比50円安の3万6040円、ほかが40~210円安。  石油製品は、ガソリンが80円安~100円高、灯油が10~240円安。軽油は取引が成立していない。  中京ガソリンと灯油は、ともに出合いがない。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 47.7 +0.27
NYMEX金先物 3月限 1246.9 +1.4
NYMEXプラチナ先物 3月限 963.1 +4.1
NYMEXガソリン 3月限 1.5896 +0.0152
WTI ・・・ 47.25 +0
LME銅先物 3ヶ月 5808.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1922.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 10020.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 356.75 -1
シカゴ大豆 3ヶ月 991 -15.5
シカゴコーヒー 3ヶ月 137.4 -3.1
CRB商品指数 ポイント 183.6431 +0